FC2ブログ

言葉の相談

2007-05-17

いよいよ言葉の相談日。先生一人対親子の個別面談です。
行ってみた感想は・・・正直、たいして役に立たなかった。
まず、先生(?)の印象からよくない。
小さい子どもが相手のことなのに、ニコニコ笑顔でもないし、口調が柔らかいわけでもない。反応や返事をするかどうかをみるために「○○くん」と何度も呼びかけるんだろうけど、そんな強い口調で名前を呼ばれたら「怒られるのかな?」って思っちゃうよ。小児科の先生だったら「ここはかかりつけにしたくない」という感じ。


まずは1歳半健診のときにやったような、遊びのようなテスト。
積木を積み上げたり、型はめパズルをしたり、お絵かきをしたり。
丸や十字のピースと同じ形の絵のところにそのピースを置く、なんてことは私もできるって知らなかったからできてビックリ。でも「ワンワンの絵はどれ?」とか言うのは今回もやっぱりできませんでした。
その後は私に質問。
階段は一人で上れるか。トコトコと走れるか。スプーンを使えるか。お母さんから離れて遊べるか。パンツを自分で脱げるか、など。
そして「何かお母さんが気にかかることがありますか。」の質問。
「いえ、他には特に気になることはありません。」と私。
そしたら「え?ないんですか?じゃあどうしてきたの?」なんて言われて私も戸惑っちゃったよ。
言葉の相談に来たんですけど?子どもの様子を見て、どういう働きかけをしたらいいかとかのアドバイスがもらえるって聞いたから来たんですけど??
入り口の案内には「心理相談」ってあったから、すぐ癇癪を起こすとか人見知りが激しくてお母さんから離れられないとかいう相談をするべきとこなのかしら。
言葉の面を含めて、歩くのとか色んな面でまーくんは発達が一歩遅いけど、これは個人差の問題だし、確実に成長してるのはわかってるから心配してない。あえて言えば髪を引っ張るのが困ってるけど、これは言葉がもっと出るようになったら治まるかな、とも思ってるし以前よりは回数も減ってきてるから待つしかないと思ってる。


というわけで言葉のことだけ説明をいただきました。
まず、言葉が出るようになる前にものや行動と名前が頭の中で一致させるのが先で、これを頭の中にどんどん貯めておくが大事である。
そしてそのものの名前などを頭の中に蓄えるためにしてあげることは特別なことではない。
まず、「靴を履こうね」とか「足を上げて」とかごく普通の生活の中の語りかけ。まぁ、人間相手、それも自分の子どもを相手にしてるわけだから無言でやる人ってあまりいないと思うけど。
次にお手伝いをどんどんさせること。「これをポイしてきて」とか「コップを持って来て」など。
お手伝い、というかまーくんでもできそうなことは積極的にやらせてるつもりです。ポイはもちろん、朝新聞を居間まで運ぶことや食後に食器をさげることなど。


半年後にもう一度様子を見させてくださいって言われたけど、あまり行く気しないなぁ。保育士さんや乳幼児相談で保健士さんとお話しするほうがずっと気楽だし、ためになる話が聞ける気がするもん。



今日もオバたちが遊びに来る予定。かわいがってくれるのは嬉しいんだけど、遊びに来るのっていつもお昼前。オバたちがいるとまーくんがお昼寝しなくて困るので、今日は「忙しいから4時くらいならいいです」って言っちゃった。


今日のトイレも失敗。昼食後、目を離した隙にきばってた。くぅ。とりあえずトイレに座らせとけばよかった・・・。

スポンサーサイト



お知らせ

幼稚園のことなど、一部パス制にしました。 過去の記事も一部限定公開に変更しています。
パス制の記事を読みたいと思ってくださる方は、サイドのメールフォームやコメント欄、その他何らかの方法でご連絡ください。
ブロ友限定公開記事にしていますので、FC2ブログをお使いの方はブロ友申請してくださっても結構です。

愛息子

でんすけ

でんすけ
私はでんすけ。
ぐうたら専業主婦。
お父さんと二人の息子と4人仲良く暮らしてます。

長 男:まー
誕生日:2005年7月4日
次 男:イク
誕生日:2007年11月3日

大きくなったよ♪


最近の記事
カテゴリ
コメントありがとう♪
月別アーカイブ
ランキング参加中
投票お願いします!
blogram投票ボタン
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

直通メール
個人的なメールも大歓迎です。

名前:
メール:
件名:
本文:

でんすけのお友達
いらっしゃいませ
今何人?
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
「でんすけのつぶやき・・・」の中で探したい記事がある場合はこちらで検索できます。
♪お邪魔してます♪
私のページ
RSSフィード
コラブロ