スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王切開と自然分娩

2007-11-04

自然分娩と帝王切開、どちらも経験することができました。
で、よく聞かれたのが「三人目を産むとしたら自然分娩と帝王切開どっちにしますか?」というもの。

どちらも経験してみて、あらためてどちらにもメリットデメリットがあることを認識したし、どちらも辛い!
帝王切開と言うと、「楽ね~」と言われて傷ついたと言う話をよく聞くけれど、幸い私の周りにはそんなことを言う人はいなかったし、むしろ「大変だったね」って言ってくれてた。
帝王切開のいちばんのメリットは、その状況でいちばん安全なお産スタイルであること。
他には予定帝切なら予定が立てやすいこと、
手術開始から10分くらいで赤ちゃんが出てくるらしいので小さい子供にも付き合ってもらいやすいこと、
産後のシモへの負担がないこと、かな。
ただ、術後のお腹の痛みはもう経験したくない。

今回の自然分娩でよかったと思えたのは、
生まれたばかりの赤ちゃんを抱けたこと、
立ち会ってもらえたので心強かったこと、
出産当日から食事もできるし、動くこともできるということ。
デメリットはシモへの負担が想像以上だったということ。
自然分娩だと産後の苦痛はないものだとばかり思ってた・・・。
やっぱり経験してみないとわからないものだわ~。

で、最初の質問への答え。
お産直後は「どっちもどっち。どちらもイヤだ!」と思ったけど、日にちが経つにつれやっぱり自然分娩がいいと思うようになった。
私の場合、下からでも楽に産めるってことがわかったし(笑)
むしろ病院に間に合うか心配。
難産だったら二度と下から産もうなんて思えなかったと思う。
自然分娩に個人差があるんだもの、どっちがいいかなんて人それぞれだよね~。
スポンサーサイト

出産秘話

2007-11-03

2日AM、病院へ。
子宮口を柔らかくするというマイリスというお薬を入れてもらって帰宅。
20:00頃。お腹に痛みあり。一応お父さんに「お腹が痛い」と伝えると、「ふ~ん。さ、まーくん、風呂に入ろうか。」
夕方ごろから痛みを伴う張りが頻繁にあったものの、寝ているうちにおさまり朝を迎えるということが前一週間のうちに3日もあると、こんなもん。私も今回もニセモノだと思ったもん。
その後、私も風呂に入り、21:00頃。お父さんと洗濯物を干してた。
22:00頃 PCタイム。
23:00頃なんて教育テレビの「ストリートダンス」を見ながら、お父さんと「ツーステップオンプB2、ダウン青矢印ダウン青矢印、アップアップアップアップ、ボックス~オンプ 」など言いながら踊ってたjumee☆SaturdayNightFeverL
23:30。布団に入り本を読もうとしたら、お腹でパチンとはじけ、流れ出てくる感じがびっくり
「破水した!」と言うと、さすがにお父さんも飛び起きた。ここでやっとこの痛みが本陣痛であったと確信。
破水する10分前まで陣痛を無視し続け踊っている妊婦がどれだけいるだろう?

破水したとわかると、自覚はなかったんだけど緊張したのか歯はガチガチ、手はブルブル、足はガクガクと震えてとまらない。病院に電話して23:50入院。
私だけ先にLDRへ入り準備。帝切の傷跡をエコーでチェックし、破れそうなところはないことを確認して自然分娩決行。
お父さんとまーくんが部屋に入ってきたときには3分間隔。このときはまだ私にも余裕あり。
担当の助産師さんが来て「もう半分まで来てますよ」と言われて少しほっとする。
痛みが強くなってくると「もう切って~」と一度は思った。でもすぐに「やっぱりあの術後の痛みはイヤだー」と考え直したけど。
「ハーッと息を吐いてください」と言われても、「はあぁぁぁぁぁ」と口で言うだけ。
呼吸音を診てもらうときに「フーッてして」って言われて「ぷうぅ~」と声とツバだけ出すまーくんを思い出したわ。もう笑えないなぁ。

全開してからは「波がきたら力を入れて」って言われたのが聞こえたのに脳で理解できてなくて、一生懸命力を抜こうとしてた私。それで2回ほど無駄にしてしまった。
助産師さんに「頭が見えてきましたよ」と言われても(やっと?!
「もうこれくらい見えてますよ」と指で示してくれても(まだ?!
妊婦教室にも参加したことないし、出産関係の本もあまり読んだことなかった。本番では助産師さんがどうしろこうしろって言ってくれるだろうから、そのとおりにやればいいやって思ってた。確かにその都度教えてくれるんだけど、私が知りたいのは自分が今どういう状況でどこまで進んでいるのか、これから何があってどうすればいいのかということ。
だけどそんなこと今更伝える余裕はないし、出てくる言葉は「イタイ」のみ。
ちょっと頑張ってもせいぜい「まだ?」「はぁ?
分娩台の上の私はまさにキレキャラ。

頭が出て、次の波で肩が出ると言われたのに出なくて「まだぁ?
もう力を入れないでって言われたのに、これまた脳で理解できてなくて思いっきり力が入ってしまい、その結果・・・ひどく裂けました・・・。あぁ、最後のところだけやり直したい・・・。最初からはイヤだ。
最後は力を入れないって本でも読んだ気がする。やっぱりもう少し勉強しておけばよかったわ。
11月3日2時11分。3712gで赤ちゃん誕生!
出てきてすぐの赤ちゃんをお腹の上に乗せてもらい、シートごしだけど抱くことができて感動オレンジのきらきら泣くかと思ってたけど涙は出なかったな。

それでおしまいかと思ってたけど痛みはまだ続く。キズの縫合。
あれだけ「イタイ」と叫んでたら「イタイ」という言葉を使うのが惜しくなく、縫われてる最中ずっと「イタタタタタ、イタイ、イタイ」。お父さんに「お前、うるさいな」と言われながら。いいじゃん、言うくらい。逃げ出すわけじゃないんだしさ。

お父さんとまーくんが分娩室に入ってから1時間半くらいでの出産だったので、二人にも最後まで付き合ってもらえてよかった。お父さんは「あんな姿を見せられたら頭があがらん」と言ってくれたし。自然分娩というか、立会い出産ができて本当によかった。

ちなみに分娩所要時間は5時間18分。10分間隔になったのは「21時くらい?」と適当に言ったのが採用されたみたいだけど、実際はもっと遅かったと思う。陣痛の痛みだとわかったのは破水後からなので、本当に痛い思いをしたのは2時間くらい。初産と言っていい状態で3700gのビックベイビー出産。「大変だったでしょ」と言われても、2日かかったという人の話も聞くので「大変でした」とはなかなか言えない・・・。
帝王切開のキズに負担をかけないように吸引するかもと言われてたけど、する間もなかったし。安産でした。お父さんにバカにされ続けてたデカ尻の価値を証明できたってことよ。

なにはともあれ、理想のお産をすることができました

お待たせしました!

2007-11-03

20071103150057
11月3日午前2時11分に自然分娩で無事に男の子を出産しました。
名前はイクです。

予想通り陣痛に気付かず、というか陣痛だと信じずに、破水してやっと病院に電話焦る3電話した時点で既に5分間隔。
バタバタのお産となりました。
夜中だったけど、お父さんだけでなく、まーくんも起きてて最後まで付き合ってくれました。
お父さんもまーくんも、そしてイクもありがとうハート8

望みをかけて

2007-11-02

今日も産婦人科へ。
さすがに週に2回もお父さんに休んでもらうのは気が引ける。職場の環境も11月に入って変わったばかりだし、予約の時間も11時半と中途半端。
お散歩がてらテクテクと歩いていくことに。
途中で歩くのがイヤになったときのために一応バス路線を通って。
のんびり歩いて、途中で銀行に寄って50分くらいだった。
お散歩コースとしては適度な距離。
一人で散歩って飽きちゃったんだけど、目的地があれば別だし。
今までも歩いてくればよかったなぁなんて思った。

今日の目的は子宮口を柔らかくする薬を入れてもらうため。
子宮口が開かないように手術までしたのに、すでに柔らかくなってるって言われてたのに、結局こういう薬を入れることになるなんて・・・。
「最後の賭け」ということでの試み。
これで陣痛がこなければ仕方がない、ということで。
このお薬、子宮口を柔らかくして赤ちゃんが出てきやすくするためのもので、陣痛を促すわけじゃないし、効果も人それぞれらしいからあまり期待もできないけど。
先生からは「お風呂に入ってゴソゴソ動いてください」と、
例の看護師さんからは「手術までに産みなさいよ」と言われて帰ってきました。
どうか来週の入院まで、いや手術までに陣痛がきてくれますように。

帰りも歩こうかと思ってたけど、術前検査(胸部レントゲンと心電図)までやってきたので終わったのが13時半。お腹がすいてたまらなかったから帰りはバスを利用
普段はどこへ行くにも車だし、バスなんていつ以来だ?
去年のTDL旅行以来かも。


連絡帳
「11/2(金)
 今日は園庭で遊びました。園でははじめてブランコに乗ってみました。上手に乗りニコニコ笑顔のまーくんでした。10まで数えるとお友達と変わってあげていました。すべり台も何度もすべり元気いっぱいで園庭を走っていらっしゃいました。」


ブランコは上手に一人で乗れるものね。お父さん、結構激しく押すから鍛えられてるのよ。
昨日の歯科検診の結果、虫歯はありませんでした。最近、結構甘いものも食べさせるからしっかり歯磨きしないとね。
来週の日曜日は保育まつり。私、絶対行けない。音楽発表会とかもあるのにな。お父さんにしっかりビデオを撮ってきてもらおうっと。

予定日

2007-11-01

とうとう出産予定日まできてしまった。
もしかしたらこの頃って生後1ヶ月くらい経ってるかも、くらいに思ってたのに。
今日も生まれなかったし。
一昨日の晩に夜中に目が覚めるほどの痛みと張りがあったから期待したのに、そろそろ病院に電話を・・・と思って出かける準備をしている間になくなっちゃった・・・がっくり
早く生まれてくれないとマタニティ服も着るのがなくなってきた。今更買いたくないし。
2週間ほど前にお腹がピリピリ痛いと思ってたら立派な妊娠線が何本もミミズのように・・・。
ビキニを着るわけじゃないし、いいけどさ。

今日はお友達がお土産を持ってきてくれた。
そして玄関先で1時間ほどおしゃべり。
あがってもらえばよかったんだけど、お互いこういうときにまだまだ遠慮があるみたいで・・・。
お友達も遠慮するし、私も強引に誘えないし。
私がもっと常に部屋をきれいにしてて、お料理も得意だったらもっともっと家に誘うのにな。
お土産とおしゃべりの相手してくれてありがとうねは-と

で、今日の私の悩みは晩御飯。
お肉はあるものの、冷蔵庫の野菜室には白ねぎ1/2本としなびたキュウリが2本。
あとは玉ねぎ1個すらない・・・焦る3
ボリュームがでるようにお肉はカツにして、あとは油揚げの炊き込みご飯と汁で誤魔化すか・・・。
私が安静生活に入って、我が家の料理は手抜きばかり。手抜きなんて言ったら作ってくれるお父さんに失礼だな。手のかからない料理、かな。
カレーや親子丼とか焼きそばなどの比率がアップ。
たいていお父さんが仕事から帰ってきてからバタバタ作ってくれてるんだから、それまでみたいにレシピをみながら手の込んだ料理なんて作ってられない。
それでも「最近の我が家の食生活ってこれでいいのかな」なんて言ってたんだけどね。
上には上がいるもんです。
下の階に住むママさんは共働き。「私は週に2日くらいしか家事してないです。晩御飯もたまごかけごはんとか。」って。
そうだよねー。共働きで保育園のお迎えも最後の一人になるっていうくらい働いてるのに立派な晩御飯なんて難しいよね。うちのお父さんは定時で帰ってきてこれなんだもの。
その話を聞いてからふっきれた。今はこれでいいんだわ、と。
うちは手抜きと言っても親子丼くらいにはするもの。
私が働きだすまでに手早くチャチャッと作れる技を身につけておきたいとは思うけどね。


連絡帳
「11/1(木)
 歯科検診を受けました。先生の前でも泣くことなく大きなお口を開けていらっしゃいました。」


保育園で歯科検診をしてくれるから助かるわ。
歯医者なんて連れて行かないと思うもの。
結果は後日のお知らせ。虫歯がありませんように。

お知らせ

幼稚園のことなど、一部パス制にしました。 過去の記事も一部限定公開に変更しています。
パス制の記事を読みたいと思ってくださる方は、サイドのメールフォームやコメント欄、その他何らかの方法でご連絡ください。
ブロ友限定公開記事にしていますので、FC2ブログをお使いの方はブロ友申請してくださっても結構です。

愛息子

でんすけ

でんすけ
私はでんすけ。
ぐうたら専業主婦。
お父さんと二人の息子と4人仲良く暮らしてます。

長 男:まー
誕生日:2005年7月4日
次 男:イク
誕生日:2007年11月3日

大きくなったよ♪


最近の記事
カテゴリ
コメントありがとう♪
月別アーカイブ
ランキング参加中
投票お願いします!
blogram投票ボタン
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

直通メール
個人的なメールも大歓迎です。

名前:
メール:
件名:
本文:

でんすけのお友達
いらっしゃいませ
今何人?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
「でんすけのつぶやき・・・」の中で探したい記事がある場合はこちらで検索できます。
♪お邪魔してます♪
私のページ
RSSフィード
コラブロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。